une petite maison



ボウイオフ会(番外編)のお知らせ

b0004233_19224377.jpg11月23日(祝)19時~ボウイ集会(番外編)を行います。
今回のテーマは「勝手にグラスパツアー in JAPAN」です。
(多分)日本公演用に日程も確保(11/15〜11/26?)されていたにもかかわらず、巨大セットを収容できる会場が手配できずに見送られたと言われている1987年の「GLASS SPIDER TOUR」。
それから22年の時を経て、ついに今回のオフ会で、幻の日本公演が実現します(笑)。
1987/6/7ドイツ公演の非公式映像をみんなで楽しみましょう。
ふるってご参加くださいね。
[PR]
# by songofsummer | 2009-11-10 19:24 | David Bowie

第13回ボウイオフ会のお知らせ

b0004233_19541162.jpg10月23日(金)19時~
第13回ボウイ集会をおこないます。
今回のテーマは「The Year Of The Diamond Dogs」。
BOWIEのキャリアの中でも1976年ステステ期と並んで映像マテリアルが少ない1974年のDAIAMOND DOGS時代の非公式映像を鑑賞したいと思います。
また、ついに日本語字幕付きでブート化された同時期のBBCのドキュメンタリー映像「CRACKED ACTOR」についても検証します。
ふるってご参加くださいね。

(翌日24日からボウイ展です。オフ会のときに作品持ってきてください。おねがいします)
[PR]
# by songofsummer | 2009-10-18 19:58 | David Bowie

books&cafe LOW presents KANSAIオフ会 vol.12

b0004233_14303032.jpgb0004233_1431958.jpg日時:2009年9月23日(水・祝) 午後6時~
会費:無料(1ドリンクのオーダーをお願いします)
場所:BOOKS & CAFE LOW

[今回のテーマ]
1973年7月に「これが最後。もうライブはやらない」とステージ上で突然の引退宣言をしたLONDONハマースミスオデオンでのライブから約3ヶ月後にアメリカNBCのTVショウ「MIDNIGHT SPECIAL」用に収録されたZIGGY最後のパフォーマンス「THE 1980 FLOOR SHOW」。
LONDONのMarquee Clubで10月18~20日にわたって収録されたこのショウはMarianne Faithfull、Troggs、Carmenといったゲストをフィーチャーしていて、同年11月16日のTVオンエアバージョンは高画質の定番ブート映像としても有名です。

2007年に突如、この「THE 1980 FLOOR SHOW」収録の模様を6枚のDVDにまとめた映像がネットのファイル共有にUPされコアなファンの話題を呼びました。
画像にもあるような人文字を延々と繰り返し練習するダンサーの様子や、曲間に観客のサインに応じるBowie、演奏のやり直しなどの未公開映像がふんだんに収録されていて、突っ込みどころも満載です。

そこで、今回のオフ会では、「THE 1980 FLOOR SHOW UNCUT VERSION」と呼ばれている、この非公式映像をまったりと鑑賞したいと思います。

秋の大型連休の最終日ではありますが、
たくさんの方のご参加をお待ちしています。

※通常より早い6時スタートです。当日は定休日ですが、5時頃から入店できるようにしておく予定です。詳細は当日、ここでも告知します。
※途中参加もOKですよ!
[PR]
# by songofsummer | 2009-09-13 14:31

books&cafe LOW presents KANSAIオフ会 vol.11

b0004233_14345537.jpg第10回のKANSAIオフ会は「アルバム徹底研究 "LOW"」です。

日時:2009年8月21日(金) 午後7時~
会費:無料(1ドリンクのオーダーをお願いします)
場所:BOOKS & CAFE LOW
 地図はこちら→http://cafe-low.sakura.ne.jp/googlemap.html

[今回のテーマ]
今回は店名の由来にもなっている1977年の問題作「LOW」の徹底研究です。

アメリカでドラッグ漬けになってしまったBowieは心身両面での癒しを求めて
再びヨーロッパへ戻り、いわゆる「BERLIN3部作」と呼ばれる傑作を創り出しました。
その第1作にあたるのが「LOW」です。
ロックスターの創った半分以上がインストというこのアルバムは
当初レコード会社からリリース拒否までされながら、
シングル「SOUND AND VISON」を全英チャート2位に送り込み
現在ではNEW WAVEアルバムの大傑作として高い評価を得ています。
「1.OUTSIDE」でも再びタッグを組むことになる奇才Brian Enoとの出会いや
当時としては斬新だったレコーディングテクノロジーの導入、
ユニークな楽曲制作のプロセスなど、原書「COMPLETE DAVIDBOWIE」の
アルバム解説などを元に検証していきたいと思います。

また、1978年ダラスでのプロショットライブ映像や
2002年になって突然行われたライブでのアルバム全曲完全再演など
「LOW」に関連する非公式音源や映像なども鋭意整理中です。

クールなアルバム「LOW」について語り合いながら暑い夏を乗り切りましょう!
たくさんの方のご参加をお待ちしています。

※途中参加もOKですよ!
[PR]
# by songofsummer | 2009-08-04 14:34

books&cafeLOW presents KANSAIオフ会 vol.10

b0004233_20303317.jpgb0004233_20311284.jpg第10回のKANSAIオフ会は「LIVE IN JAPAN」です。

日時:2009年7月10日(金) 午後7時~
会費:無料(1ドリンクのオーダーをお願いします)
場所:books&cafe LOW
 地図はこちら→http://cafe-low.sakura.ne.jp/googlemap.html

[今回のテーマ]
Bowieの来日公演について検証します。
Bowieがツアーで日本に来たのは
'73、'78、'83、'90、'92(Tin Machine)、'96、'04の計7回。
'74、'76、'87、'89(Tin Machine)、'97、'99、'02に関しては来日公演はありませんでした。
特に、'87のグラススパイダーツアーは来日が噂されていながら
会場のキャパの関係で実現しなかったというのは有名な話です。

今回は音源や文献などで可能な限りの公演セットリストを列挙し、
各ツアーの演奏曲などについて比較できたらと思っています。

'73と'04の「ZIGGY STARDUST」、'78と'90の「HEROES」、
'92(Tin Machine)と'96(Bowieソロ)での「BABY UNIVERSAL」、
'73と'83の「THE JEAN GENIE」など年代によるアレンジの違いや
Bowieのヴォーカルの手抜き具合なんかを聞き比べていきます。

また、「みなさま、おおきに。イチ、ニ、サン、シ」という
バンドメンバーのMCで始まる'83京都公演の「LOOK BACK IN ANGER」や
同じく大阪公演(万博)での将棋倒し騒ぎの音源なども流す方向で検討中です。

「全部のツアーを見た」というかたも「一度も見られなかった」という方も
たくさんの方のご参加をお待ちしています。

※途中参加もOKですよ
[PR]
# by songofsummer | 2009-06-29 19:43 | David Bowie

books&cafe LOW presents KANSAIオフ会 vol.9

b0004233_23545132.jpg2009年6月5日(金)19時~
第9回ボウイ集会をおこないます。
(いつもどおりワンドリンクのオーダーをお願いします。食べ物は持ち込んでください)

今回のテーマは『今夜OK?「TONIGHT」OK?』です。
「Let's Dance」メガヒットの後遺症かEMIからの過剰な期待によるプレッシャーのせいなのか、精彩を欠く(といわれている)アルバム「TONIGHT」は、新旧のファンから軽視され、すぐに中古SHOPのバーゲンコーナーが定位置となりました。
「買ったけどほとんど聴かない」「買っていない」というファンも多いこのアルバムを、BOWIEが隠匿生活に入っている今こそ、徹底研究してみましょう!
ふるってご参加くださいね。
[PR]
# by songofsummer | 2009-06-03 23:55 | David Bowie

books&cafeLOW presents KANSAIオフ会 vol.8

b0004233_2010506.jpg第8回のKANSAIオフ会はBowieのカヴァー曲を取り上げます!

日時:2009年5月1日(金) 午後7時~
会費:1000円(1ドリンクと軽食)
場所:BOOKS & CAFE LOW
 地図はこちら→http://cafe-low.sakura.ne.jp/googlemap.html

[今回のテーマ]
「BOWIE COVERS (…NO PINUPS)」

Bowieは昔からオリジナルアルバムに頻繁にカヴァー曲を収録しています。
ライブでも、いろんなアーティストの曲を取り上げていて
若いファンの方には「え、この曲、Bowieのオリジナルじゃないの?」というくらい
自分色に染め上げ消化してしまっている曲も多々あります。

今回はカヴァーアルバム「PINUPS」以外のスタジオアルバムに収録されている
カヴァー曲とライブで演奏されたカヴァー曲の完全網羅をめざしします。

有名な「レノンの命日に歌ったたIMAGINE」、
録音したがお蔵入りになっている「レノン・トリビュートアルバム用のMOTHER」
「ディラン・トリビュートアルバム用のTRYIN' TO GET TO HEAVEN」から
「プレスリーの命日に歌ったI Feel So Bad」まで、
公式リリースされていない音源や、映像もいくつか用意する予定です。
たくさんの方のご参加をお待ちしています。

※途中参加もOKですよ!
[PR]
# by songofsummer | 2009-04-20 20:10 | David Bowie

お知らせ

b0004233_13582181.jpg
『大阪人2009年3月号』
『京阪神:珈琲の本(エルマガジン社)』
『カジカジ2009年3月号』
の三誌にbooks&cafeLOWを載せていただきました。テイストの違いが楽しいです。

それと、ひょんなことからスタジオOJMMの方と知り合いになり、建築本を出されている学芸出版社様のHPで、一月からmotokoさんと私と月替わりでコラムを書かせていただいています。
『建築ノオト』というページです。
私たちはさておき、他の方々のコラムは素晴らしいのでよろしければご覧下さい。

スタジオOJMM http://www.ojmm.net/index.htm
学芸出版社 http://www.gakugei-pub.jp/
[PR]
# by songofsummer | 2009-02-27 14:31 | books&cafe LOW

books&cafeLOW presents KANSAIオフ会 vol.7

b0004233_13282538.jpg第7回のKANSAIオフ会はアルバム徹底研究シリーズです!

日時:2009年2月28日(土) 午後7時~
会費:1000円(1ドリンクと軽食)
場所:BOOKS & CAFE LOW

[今回のテーマ]
アルバム徹底研究「SCARY MONSTERS (AND SUPER CREEPS)」

RCAでの最後のオリジナルアルバム、通称「スケモン」。
古くからのBOWIEファンの中には「スケモンは認めない」と
かたくなに拒否していた方も当時は多かったようです。
確かに過去の遺産の焼き直しというか拡大再生産的な楽曲が目立つといわれますが
オールキャリアを通じての珠玉の名作「AHES TO AHES」もありました。
そして、NEW WAVEというジャンルに先鞭を付けたと評論家からは
高く評価されることもしばしばしば、という評価の分かれる作品です。

今回はブートで発掘されているデモテイクや別テイク、
プロモーションビデオなどを取り上げます。
デモと完成系を比較すると、BOWIEのヴォーカリストとしての資質の高さが
垣間見えたりして非常に興味深い発見もありますよ。
また、以前好評だった「RCA」「RYKO」「EMI」の聞き比べも
このアルバムに絞ってやってみたいと思います。
運営スタッフ間での連絡ミスがあったため、
3月後半に延期しようかとも思ったのですが、急遽、開催することにします。
たくさんの方のご参加をお待ちしています。

※途中参加もOKですよ!
[PR]
# by songofsummer | 2009-02-25 13:28 | David Bowie

books&cafe LOW presents KANSAIオフ会 vol.6

第6回のKANSAIオフ会はBowie氏62回目の誕生日記念です!

日時:2009年1月9日(金) 午後7時~
会費:無料ですが1ドリンクのオーダーをお願いします。
場所:books&cafe LOW

[今回のテーマ]
ベストはベスト?ベストなベスト!

RCA時代のBowieはなかなかベスト盤をリリースしないアーティストでした。
RCAでの初のベスト盤「CHANGESONE」は1976年リリース。
RCA最初のアルバム「HUNKY DORY」から5年もたってからです。
しかも、その選曲は基準が曖昧で必ずしもシングルでのヒット曲には限りません。
その後は、2002年の各国独自の選曲でリリースされた「BEST OF BOWIE」まで
BOXセットも含めればかなりのタイトルがリリースされてきました。

ところが、日本未発売やUKとUSでの内容違いなど実態は複雑で
ファン泣かせとなっているのが正直なところです。
Bowieのバースデー記念と言うことで、今回は
初心者からコアなファンの方まで楽しめる(といいのですが)
ベスト盤の徹底研究にチャレンジします!

※途中参加もOKですよ!
[PR]
# by songofsummer | 2008-12-15 12:38 | David Bowie


小さな家
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
profile
お薦めHP(ただし手前味噌もあり)
books&cafe LOW
大阪の空堀にある 『books&cafe LOW』のサイトです。
itten
『books&cafe LOW』の向いの素敵なお店です。
ボウイBBS
LOWのHPにボウイのスペースを作る第一歩になるかな?
STRANGE FASCINATION
4年ぶりに復活したburtonさんのデヴィッド・ボウイサイト。ボウイを深く知るための必須条件!
月兎社
隅から隅まで大好き!でも、リンクフリーじゃないかも?ぶるっ
My favorite one
管理人のmotokoさんと私はじつは高校時代の同級生。books&cafeLOWを二人でやってます。
うたかたの日々の泡
sumirereさんは72年を皮切りにすべての時代のボウイ来日公演をみている方
私とは好きな物も似ているのに、sumirereさんだけ立派にみえるのはどーして?
YOUNG PERSONS' GUIDE TO DAVID BOWIE
ボウイ・コレクターとして凄いだけでなく、誰もがつい頼りたくなる優しさと面倒見の良さの持ち主、NIBさんのブログ。
難しいことも分かり易く書いてくださるので とても勉強になります。
ブログパーツUL5
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
Lマガジン10月号に掲載..
from My favorite one
『いつかモイカ河の橋の上..
from エルミタージュ図書館
滝本さんとリンチ・コーヒ..
from My favorite one
Six Strings ..
from 大佐日報 Colonel..
JAZZな1週間
from My favorite one
Lmagajine4月号
from My favorite one
今週のTVBros
from My favorite one
■滝本誠 幻のライナーノ..
from ★究極映像研究所★
滝本誠・幻のライナーノー..
from My favorite one
大スクープ?
from 店主の徒然メニュー日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧