une petite maison



『葉書でドナルド・エヴァンズに』

b0004233_20592272.jpg
昨日は京都に行っていました。

一乗寺の恵文社で ふと棚のうえのほうをみると、そこに 以前
から探していた本がありました。
架空の国の切手を作り続けたアーティスト。
31のとき火事でなくなったドナルド・エヴァンズ。
死後8年たって その人あてに日本の詩人が書いた日記の本。
・・・知っていたことはこれくらい。 

その本には かたちを持てずにいつも ぼんやり漂っていた私の想いが 
言葉を与えられ 姿を現していました。
自分が その人のことを知るまえに死んでしまった人 には絶対に会えない、という現実は、果たして大きなマイナス なんでしょうか?
実際の彼と親しかった友人たちが語るエヴァンズより、平出隆さんが もう会うことのできない彼を 真剣に
追い求めてイメージしていくエヴァンズのほうに、何故だか本当があるように思えるのです。
人間にとって 現実とは?
ある人を知るということは どういうことなのでしょう
[PR]
by songofsummer | 2005-02-13 21:57 | 本&雑誌
<< ダイアナ・ヴリーランド 見出された時 >>

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
profile
お薦めHP(ただし手前味噌もあり)
books&cafe LOW
大阪の空堀にある 『books&cafe LOW』のサイトです。
itten
『books&cafe LOW』の向いの素敵なお店です。
ボウイBBS
LOWのHPにボウイのスペースを作る第一歩になるかな?
STRANGE FASCINATION
4年ぶりに復活したburtonさんのデヴィッド・ボウイサイト。ボウイを深く知るための必須条件!
月兎社
隅から隅まで大好き!でも、リンクフリーじゃないかも?ぶるっ
My favorite one
管理人のmotokoさんと私はじつは高校時代の同級生。books&cafeLOWを二人でやってます。
うたかたの日々の泡
sumirereさんは72年を皮切りにすべての時代のボウイ来日公演をみている方
私とは好きな物も似ているのに、sumirereさんだけ立派にみえるのはどーして?
YOUNG PERSONS' GUIDE TO DAVID BOWIE
ボウイ・コレクターとして凄いだけでなく、誰もがつい頼りたくなる優しさと面倒見の良さの持ち主、NIBさんのブログ。
難しいことも分かり易く書いてくださるので とても勉強になります。
ブログパーツUL5
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
Lマガジン10月号に掲載..
from My favorite one
『いつかモイカ河の橋の上..
from エルミタージュ図書館
滝本さんとリンチ・コーヒ..
from My favorite one
Six Strings ..
from 大佐日報 Colonel..
JAZZな1週間
from My favorite one
Lmagajine4月号
from My favorite one
今週のTVBros
from My favorite one
■滝本誠 幻のライナーノ..
from ★究極映像研究所★
滝本誠・幻のライナーノー..
from My favorite one
大スクープ?
from 店主の徒然メニュー日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧