une petite maison



杉本博司を知っていますか?

b0004233_184318.jpgb0004233_193985.jpgと、いうタイトルの『BRUTUS 2005年9月15日号』で ほとんど一冊使って紹介されている杉本博司さん。
9月17日~2006年1月9日まで 森美術館で『杉本博司:時間の終り』という回顧展が開かれますので、きっと知っている人がこれから増えていくのでしょうけど、海外にくらべて 日本での知名度は低いのではないかと思います。
自然史博物館のジオラマを撮影した「Dioramas」シリーズは、まるで 自然のなかで生きている動物を撮ったとしか見えないリアルさです。が、原人や、絶滅した動物などが出てきて、あれっ?ってなるのです。
彼の写真は 何の予備知識がなくても 見た瞬間どこか違和感があって ひっかかります。

私が初めて杉本さんの写真を見たのは ヴォーグ・ニッポン2001年3月号「 現実と非現実のはざまで  杉本博司 」ですが、ここで取り上げられていた「ポートレイト」シリーズは、ロンドンのマダム・タッソーの蝋人形館などを 夜間借り切って蝋人形を撮影したもので、なんとも奇妙な雰囲気を醸し出しているのです。

「僕は、絵を撮っているんだ。絵に描かれていたであろう”蝋人形”を撮っている。二重にも三重にもイメージが転換されていて、絵描きが生身の人間を描いていたら、こう描いただろうな、という感じで撮っている。写真にすると、人間は騙されやすい。写真に写ったものはみんなホンモノだと思うからね」 と、杉本さんはコメントされていました。

それから4年半。今回のブルータスは、2冊買っておこうかと思うほどの出来の良さなので、是非一度手にとって、不思議な感覚をあじわってみられたらと思います。
[PR]
by songofsummer | 2005-09-08 01:08 | デザイン&アート
<< IL MIO WEST ボウイのジャズ談話 >>

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
profile
お薦めHP(ただし手前味噌もあり)
books&cafe LOW
大阪の空堀にある 『books&cafe LOW』のサイトです。
itten
『books&cafe LOW』の向いの素敵なお店です。
ボウイBBS
LOWのHPにボウイのスペースを作る第一歩になるかな?
STRANGE FASCINATION
4年ぶりに復活したburtonさんのデヴィッド・ボウイサイト。ボウイを深く知るための必須条件!
月兎社
隅から隅まで大好き!でも、リンクフリーじゃないかも?ぶるっ
My favorite one
管理人のmotokoさんと私はじつは高校時代の同級生。books&cafeLOWを二人でやってます。
うたかたの日々の泡
sumirereさんは72年を皮切りにすべての時代のボウイ来日公演をみている方
私とは好きな物も似ているのに、sumirereさんだけ立派にみえるのはどーして?
YOUNG PERSONS' GUIDE TO DAVID BOWIE
ボウイ・コレクターとして凄いだけでなく、誰もがつい頼りたくなる優しさと面倒見の良さの持ち主、NIBさんのブログ。
難しいことも分かり易く書いてくださるので とても勉強になります。
ブログパーツUL5
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
Lマガジン10月号に掲載..
from My favorite one
『いつかモイカ河の橋の上..
from エルミタージュ図書館
滝本さんとリンチ・コーヒ..
from My favorite one
Six Strings ..
from 大佐日報 Colonel..
JAZZな1週間
from My favorite one
Lmagajine4月号
from My favorite one
今週のTVBros
from My favorite one
■滝本誠 幻のライナーノ..
from ★究極映像研究所★
滝本誠・幻のライナーノー..
from My favorite one
大スクープ?
from 店主の徒然メニュー日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧